血栓の予防に必要な条件【サプリを摂取しよう】

夫婦

血管の詰りを予防するには

サプリメント

血液中に出来てしまう血液の塊を血栓と呼びます。血栓が出来ると血流がストップしてしまい、営養供給の阻害や心筋梗塞などにつながってしまうため、日頃から血栓が出来ないよう意識しましょう。血栓を防ぐためには、オメガ3脂肪酸や納豆由来の成分を含んだ予防サプリの利用がオススメできます。

血液中にある病気のもと

女性

血の塊を血栓と呼び、それによって引き起こされる症状を血栓症と呼びます。血栓はそれ以外にも心筋梗塞や動脈硬化などの症状を引き起こしてしまう場合もあるため、血液をサラサラにする作用を持つ納豆を積極的に摂取するのが、効果的な予防策であると言えます。

血管が詰まると命の危険

血栓を正しく予防しないと、結果的に心筋梗塞などの思い病気を発症する可能性があります。そうした事態を防ぐためにも事前に調べておくべきですよ。

詰まると大変

粉末

血液がドロドロになっている人は詰まってしまう危険がかなり高まります。血管内に血栓ができると少しずつ詰まりやすくなります。それが心臓の血管にできると狭心症になります。完全にふさがると心筋梗塞になります。不整脈などで血栓ができやすい人は、その塊が脳にいってしまうと脳梗塞になります。地震などで限られたスペースで過ごすと足の血管に血栓ができやすくなり、それが肺に飛ぶとエコノミークラス症候群と呼ばれる病気になります。血栓ができやすいかどうかは健康診断などの血液検査で分かります。ちょっとしたことで命に差が出てしまうものなので必ず自分の健康状態を知っておくようにしましょう。血栓ができやすい人は予防サプリを利用すると便利です。

サラサラと溶かす方法

血栓ができないように予防サプリを続けることがあすすめです。血液をサラサラにするために効果的なのがDHAやEPAがあります。これらは魚に含まれている成分ですが毎日適量を食べて摂ることは難しいものなのです。そして血栓を溶かす効果があるナットウキナーゼがあります。これらの予防サプリを毎日続けていると血栓の心配がなくなります。血液検査で異常を指摘された人は予防サプリを利用して予防改善に努めましょう。それですべてが解決というわけではありません。食事を気をつけることで血栓を予防することがとても重要です。肉食に偏りすぎている人は野菜を食べるようにしましょう。そして血液をサラサラにするにはにんにくやたまねぎ、納豆などがあります。バランスの取れた食事を心がけましょう。

オメガ3脂肪酸を摂取

クロレラ

血栓ができるのを抑えるのに良い栄養素がオメガ3脂肪酸です。体内に摂取することで心筋梗塞や脳梗塞などのような病気を予防することができるようになります。そのオメガ3脂肪酸が含まれる食材を毎日摂取していくことが大事です。